ハリモグラのレビュー

FIFA16/フランスリーグ奮闘記 アンジェSCO。選手キャリアモード harimogura Age18

FIFA16/フランスリーグ奮闘記 アンジェSCO。選手キャリアモード harimogura Age18

2015.12.14FIFA

FIFA16のフランスリーグ奮闘記【 第二弾 】。お気に入りのフランスリーグを少しでも知ってもらうべく、キャリアモードで選手生活を送りつつ成長記録やフランスリーグのチーム・選手の情報を紹介していきます。

最初の記事はこちら FIFA16 フランスリーグ奮闘記 プロローグ

FIFA16 選手キャリア 2年目(アンジェSCO)

一年目でどうやら「フランスの神童」であることが発覚した harimogura 。自分の思わぬ才能に酔いしれながら、レンタル先のヨーヴィルからフランスリーグのアンジェに意気揚々と戻ってきます。しかし、将来のフランスサッカー界を背負って立つはずの若手のホープに待ち受けていたのは、昨シーズンの低迷で2部へと降格してしまった所属元の荒んだ状況でした。

fifa16-careermode-player-18-6

フランスの神童である才能あふれる若者が、こんなどうしようもないチームでくすぶってしまう訳にはいきませんが、ここで移籍せずにチームに残ることで「恩を売る」ことができると考えた harimogura は、今シーズン一年をアンジェでプレイすることにします。

アンジェでの光と影

昨シーズンの一年でかなりの能力の成長を遂げたこともあり、アンジェではすぐに主力選手としてプレイすることになります。アンジェのフォーメーションは【4-3-3】。左のインサイドハーフでの起用です。昨シーズンよりも前目でプレイできるので、得点に直接からむような活躍が求められます。

fifa16-careermode-player-18-2

好調なアンジェで楽しくプレイ

2部に降格してしまったアンジェですが、下のディビジョンで戦うには十分なチーム力をもっており、シーズン序盤から首位をキープします。個人としても、フリーキックやPK、コーナーキックなどのセットプレイを全て任してもらえ、フランスのナナミヒロシへの第一歩としては上々の滑り出しとなります。

fifa16-careermode-player-18-5

アンジェは昨シーズンのヨーヴィルとは違い、フランスリーグの2部チームの中では能力の高い攻撃的選手を揃えていることもあり、無理をして前線に顔を出して自分でゴールを狙う必要もなく、バランスをとりながらパスを散らして攻撃を組み立てる仕事に専念できます。

でも、急に試合に出れなくなる

そんな首位をキープするチームで主力として出場していた harimogura でしたが、前半戦の終盤に差し掛かった頃、突然に出場機会を奪われてしまいます。評価点も6点代をキープして、リンクマンとして守備陣と前線をつなげる「つなぎ役」から、スペースを埋めたりパスコースを塞いだりする守備面の貢献まで、チームのことを考えたプレイをしていたつもりですが、どうやらアンジェの監督やフロントからすると不十分だったようです。

fifa16-careermode-player-18-1

アンジェ側が要求してきたのは、直近の試合で「評価点を9.0以上に」などの高い目標ばかり。評価点を平均9.0以上にキープするには、毎試合ゴールやアシストをして、キーパスやパスカットを何度もするような貢献をしなければならず、いくらフランスリーグの2部とはいえ、個人で打開できるわけでもない harimogura にとっては難しいことです。結局、目標を達成できない状態が続いてしまったことで、「使えない選手」としての烙印を押され出場機会が激減します。

現実世界でも他人のハードルばかり高くして、自分たちは現状にあぐらをかいているだけの人達がいるものです。ミランの本田さんも負けずに頑張って下さい。

優勝してリーグ・アンへ昇格

シーズン後半戦からは出場機会も多少は安定してもらえるようになり、フランスリーグ2部の優勝を経験することに。その結果、「リーグで優勝する」というチャレンジも2年目で達成することができて、思ってもみなかった「おいしい」能力値UPを得ることができます。harimogura もこの時はきっと、「このチームでサッカーができて本当に良かった」としみじみと思ったに違いありません。

fifa16-careermode-player-18-4

しかし、優勝セレモニーで端っこに追いやられて、ぼっちで優勝を喜ぶしかない自分の立場に気づいた時、「やっぱりこんな会社やめてやる」と強く心に誓ったのでありました。

アンジェSCO(フランスリーグ/リーグ・アン)について

というわけで、現実世界のお話を。2014-2015シーズンにリーグ・ドゥ3位に入って一部へと昇格したアンジェは、現時点のリーグ・アン順位で「2位」に位置する信じられない健闘をみせています。さらには、カーンやニースもCL圏内を狙える位置におり、今シーズンはおかしなことになっています。

もうパリの一強はお腹いっぱいなんですが、2位のアンジェですらパリにかなりの勝点を広げられているため、もはやパリの連覇を阻止するのは風前の灯です。ブンデスもバイエルンの強さが際立ってはいるものの、ドルトムントのおかげでリーグ戦が楽しくなっていますが、フランスリーグはどうしようもない状況です。ちなみに、ハリモグラ期待のボルドーは最悪のシーズンを送っており、何一つ期待できません…。

アンジェ・スポルタン・クルブ・ドゥ・ルエスト(Angers Sporting Club de l’Ouest)は、フランス・アンジェに本拠地を置くサッカークラブチーム。1919年創設。創設以来23シーズンに渡り1部に所属し、最高位は1957-58シーズン及び1966-67シーズンの3位。1993-94シーズンを最後に長らくリーグ・アンから遠ざかっていたが、2014-15シーズンにリーグ・ドゥで3位になり21年振りにリーグ・アン昇格した。

Wikipedia アンジェSCO

アンジェSCOの気になる選手

fifa16-careermode-player-18-7

● Cheikh N’Doye(シェイク・ヌドイェ)

スピードはないけど、アフリカ人らしいフィジカル能力をもったセネガル出身のMF。「パワーヘッダー」の特性と、「エンジン・フィジカル」のスペシャリティつき。

fifa16-careermode-player-18-9

● Billy Ketkeophomphone(ビリー・ケトケオポムポン)

ラオス出身の両親をもつフランス人プレイヤー。スピードと敏捷性を兼ね備えた右サイドのアタッカー。「アーリークロスの名手」の特性つき。

FIFA16 キャリアモード 2年目の総括

2年目の成績は、【 30試合/3ゴール/5アシスト 】、シーズンの評価点は【 6.4 】に。

序盤はゴールやアシストがなくてもチームの一員として楽しくプレイできていましたが、途中試合に出れなくなってからは、評価を上げるためにゴールやアシストを残そうとして無理なプレイが続いて、上手くいかないスパイラルに陥ってしまいました。下手なくせに難易度を「ワールドクラス」にしたハリモグラが悪いんですが…。

fifa16-careermode-player-18-3

もう、トレーニングしたくない

FIFA16から加わったキャリアモードの新機能「トレーニング」は、成長率があまりにも高いためにあっという間に能力が上がってしまいます。普通にキャリアモードを楽しみたい方にとっては、自分の選手が早く成長して一流の選手になるのは嬉しいことかもしれませんが、基本的にフランスリーグしばりでやっているフランスリーグ奮闘記では、こんなに早い段階で選手が育ってしまっては困るのです。

前回も選手能力が上がってからは「移籍先選び」にかなり苦戦しましたが、このままトレーニングを続けていたのでは、この先移籍できるフランスリーグのチームがパリ・サンジェルマンくらいしかないというような状況になりかねないのです。

そのため、トレーニングは出来るだけ控えるようにしています。決してハリモグラが練習するのが面倒になったからじゃありません。シーズンを進めたいのに、わざわざコツコツと地味な練習を繰り返すのが嫌になって、都合の良いイイワケを見つけて文句を言ってるんじゃありません。本当です。信じてください。

というわけで、次回へつづく。

FIFA16/フランスリーグ奮闘記 オリンピック・マルセイユ。選手キャリアモード Age19

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
PAGE TOP