ハリモグラのレビュー

FIFA15/フランスリーグ奮闘記 パリ・サンジェルマンFC。キャリア選手モード harimogura Age34

FIFA15/フランスリーグ奮闘記 パリ・サンジェルマンFC。キャリア選手モード harimogura Age34

2015.06.29FIFA

FIFA15のフランスリーグ奮闘記【 第十五弾 】。お気に入りのフランスリーグを少しでも知ってもらうべく、キャリアモードで選手生活を送りつつ、成長記録や、フランスリーグのチーム・選手の情報を紹介していきます。

最初の記事はこちら FIFA15 フランスリーグ奮闘記 プロローグ

FIFA15 選手キャリア 15年目(パリ・サンジェルマンFC/フランスリーグ)

昨シーズン、完全移籍で再びパリ・サンジェルマンへと戻ってきた harimogura 。一度はパリから去った「裏切り者」の身ではありますが、年齢を重ねながら様々なクラブを渡り歩いたことにより、ようやく「感謝する心」がどんなに大切かを実感したことでしょう。

fifa15-careermode-player-34-04

個人的な保身や名誉のためではなく、パリをかつての常勝軍団へと再建する事が、再び獲得してくれたパリへの恩返しになるはずです。

バグ?平均評価点が「4.6」のまま

そんなわけで、薄汚れた心を入れ替えたベテラン選手は、チームのために気持ちのこもったプレイを開幕から見せます。開幕2試合で全得点にからみ、ゴールやアシストも記録。守備面でも貢献したことで評価点は「8.0」以上の好成績を収めます。

fifa15-careermode-player-34-06

しかし、このまま勢いにのってサッカー人生最高の成績を残してやると意気込んでいたのも束の間、ワケの分からない「FIFA15クオリティ」が harimogura を悩ませることに。

開幕2試合を消化したある日、突然レギュラーから外され試合にまったく出場できなくなり、「あれ!なんでだ?」と思って良く見てみると、平均評価点が「4.6」とおかしな数値に。

fifa15-careermode-player-34-02

間違いなく平均評価点は「8.0」を上回っているはずなのに、こんなはずはありません。いくら完全右脳人間のハリモグラとはいえ、そのくらいの計算はできます。これまでアシストが記録されないといったようなバグはありましたが、これはあまりにも酷いバグです。

当然、試合に出れなくなる

結局、こんな低い評価点では試合に出してもらえなくなり、若手の頃に味わった「君は随分試合に出てないから、今回は仕方なく出してあげますよ。だからワタシに感謝しなさいよ。」的扱いでしか、出場の機会を得られなくなります。久々の出場で活躍をしても扱いはまったく変わらずじまい。せっかくピッカピカなキレイな心に生まれ変わったのに、こんな仕打ちをされてはまた心が荒んでしまいます。

fifa15-careermode-player-34-03

なぜ15年もプレイした挙句ここでバグるんですか? なぜ頑張ろうとしてる社員のやる気をそぐのですか? なぜ我々を社畜のように扱うのですか? なぜここまでして稼ぎたいのですか?

現実の世界とリンクして、涙が止まりません。

しばらく放っておいたら直った

こうなってしまうとFIFA15を楽しむことは難しくなります。傷心のハリモグラはしばらくFIFA15から離れることに。まるで、好きだったはずの仕事も「いつの間にか辞めたくなっている」という感じにどこか似ているような気がします。どうでもいい話だけど。

fifa15-careermode-player-34-05

……そんなこんなで月日は流れ、久々にFIFA15を再開することに。すると、なぜだか何事もなかったかのように評価点も上がり始め、気づけば出場機会もいつも通りの感じに。

新規にセーブし直したのが良かったのか、カレーのようにすこし寝かせたのが良かったのか、解決理由はまったく分かりませんが、一度突き放された後に「好き」って言われた感じがして、萌えちゃうじゃないですか。バグを使った「ツンデレ」とかやめて下さい。

おかげ様で、後半戦は順調

バグも解消され、気持ちもリフレッシュ。今までの鬱憤を晴らすかのようにピッチ上で躍動する harimogura 。

fifa15-careermode-player-34-10

これまで「売り」だった【スピード】【パス】【スタミナ】に加え、本来目指していたパスを散らしたり得点の起点になったりといった「ナナミヒロシ」スタイルもついに確立。ゴールやアシストなど目に見える結果がでなくても評価点をしっかりと稼ぐことができ、さらにはチームも勝つという覚醒モードへと突入します。

能力値についても、もう能力向上は無いかと思っていましたが、ぐずぐずだった【スライディング】【ロングシュート】【カーブ】【フリーキック】などの能力も地味に向上し、ボール奪取率やロングシュートの決定率も上がったことで、プレイの幅が広がり楽しさが倍増。これは来シーズンが楽しみでなりません。

突然の「さよなら harimogura 」

しかし、悲しい別れは突然やってきます。何だかんだ充実したシーズンを終えた harimogura に、フロントから一通のメールが届きます。

内容は次の通り。【今シーズンで引退するつもりと伺いました。あなたをクラブの一員にできうれしく感じています。シーズン最後の試合後にチームの全員が参加する祝賀会を予定しています。戦った素晴らしい試合の数々、そしてピッチでのパフォーマンスを通じて幸せにしたすべての人々を讃えるイベントになります。それでは。】

fifa15-careermode-player-34-00

ちょっと!こんなにあっさり終わるつもりですか? 辞めるなんて一言もいってませんし! まだまだ若いもんには負けませんし! 引退セレモニーもしてもらってませんし! 飲めや歌えやの豪勢なパーティーも期待してましたし! 15年間も育てた選手をなんだと思ってるんですか? 我々は使い捨ての道具にすぎないのですか? 誠意って一体何なんですか? 二番じゃダメなんですか?

できるだけ会社にしがみついて、甘い汁を吸い続けてやろうと思ってたのに、こんなのあんまりだ!

フランスリーグ(リーグ・アン)と日本人選手

というわけで、いつも通りワケの分からない記事になっていますが、話を現実の世界に戻して、今回はフランスリーグへの移籍が噂されている二人の日本人について触れたいと思います。

一人目は「川島永嗣」。SCバスティアへの移籍が噂されているようですね。川島がフランスリーグに来ることにいまいちテンションが上がりませんが、フランス語も話せるので良い移籍になればいいですね。とは言いつつ、川島自体に期待するというよりは、他の日本人選手が移籍しやすい状況を作ってくれればと思っていたり…。

二人目は「長友佑都」。こちらはかなり期待してますが実現しそうな気がしません。リールが興味を持っていると噂されていますが、その他にもローマやサンプドリアの話も出てますので、リールの件は聞かなかった事にしようかと思います。でも、やっぱり期待。

パリ・サンジェルマンFCの気になる選手

fifa15-careermode-player-34-14

● Marquinhos(マルキーニョス)

この若さですでに高い守備能力を誇り、スピードと空中戦の強さを兼ね備えた万能型DF。対人の強さに加え、ポジショニングやカバーリングにも優れたプレースタイルで、未来のブラジル代表を担う逸材。パリが2019年まで契約を延長したのも期待の現れ。

fifa15-careermode-player-34-15

● Bahebeck(ジャン=クリストフ・バエベック)

荒削りながら俊敏性とスピードが魅力的なウィングタイプのFW。パリのユース出身でフランス期待の若手。アンダー世代のフランス代表でも活躍。

FIFA15 キャリアモード 15年目の総括

最終年の15年目は、【 34試合/10ゴール/5アシスト 】、シーズンの評価点は【 6.4 】という成績で終了。

数字的にはパッとしない成績でしたが、ようやく無理にゴールやアシストしなくても、バランスを取りながら「評価点を上げつつチームも勝つ」事ができるようになったので、ここで引退するのはすこし残念です。リヨンにも移籍したかったんですが。まぁ、最後にリーグ・アンとフランス杯を優勝できたのが唯一の救いでしょうか…。

fifa15-careermode-player-34-08

キャリアモードが「15年」で強制的に終了するとは知らず、もうちょっと続ける気でいましたが、図らずも今回で「FIFA15 フランスリーグ奮闘記」は終了です。

次回は、選手キャリアモードの総括でもしたいなと思っております。たぶん。

というわけで、次回へつづく。たぶん。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
PAGE TOP